サンスポットの業務用石油ストーブは、FF式温風(強制吸排気式)・煙突式・解放式の3種類がありますよ

サンポット業務用石油ストーブ メーカーの特徴は (1)大型 (2)ポット燃焼・煙突式 (3)北海道など雪国地域 

サンポット 業務用石油ストーブ

サンポット業務用石油ストーブは、寒冷地や雪国でもつかえるどっしりとした大型なのが特徴。室内で使う場合、壁に穴をあけて排気を外にだすタイプで新しく設置するには工事が必要です。

サンポット社の石油ストーブは会社ができたときから、ポット燃焼(石油に点火した後に空気を混ぜて燃焼させ、排気ガスを煙突で屋外に排気する)方式のストーブを専門にしています。

そのため、ストーブ設置には排気ガスを家外にだす煙突をつけるため、家におくには工事が必要。しっかりと部屋をあたためてくれる大型なものばかりで、寒い地域の大きな部屋などに設置することが多いですよ。

日本でもっとも寒い、北海道や、青森県といった雪のふる地域で使用されていることがほとんど。どっしりとした大型石油ストーブをつくっているメーカーですね。

【FF式温風】(強制吸排気式) サンポット業務用石油ストーブ まとめ

FF式(強制給排気式とは…
FF式石油ストーブは、燃焼に必要な空気を野外からとりいれ、よごれた排気を家や工場の外に排出。室内の空気をよごさないクリーンな暖房方式です。

自動で排出してくれるので定期的な換気がいりません。てまいらず♪
また換気が不要だから、室温をいつも安定させることができて快適な環境ではたらくことができますよ(^v^)ノ

【FFシリーズ】FF式温風のサンポット業務用ストーブ


(床暖房内蔵なしタイプと床暖房ありタイプの2通り)


品番の頭に【FF】がついているサンポットのFF式温風シリーズです。

FF-5210TL FF-4210TL FF-473CTL FF-443CTL FF-5010TL など
FF-11000BF FF-5000BF FF-7000BF
FF-15GBF2 FF-1601TS FF-185CTS FF-288CTSタイプ

【煙突式】 サンポット業務用石油ストーブ

サンポットの煙突式ストーブは、その名のとおり天井にパイプをとおして排気を天井から排出します。
FF式とちがうところは、空気を自動循環させるわけではないので、窓をあけるなりして新鮮な空気をとりこむことが必要になります。

メリットは消費電力が少なくてすむこと、寒い冬もパワフル燃焼させることができるところです。

品番の頭に【KSH】がついているのが、サンポットの煙突式シリーズ。


KSH-2BS-SK4P KSH-2BS-S4P
KSH-2BS-SK5P KSH-2BS-S5P
KSH-8BS-K8P
KSH-10K7 Q
KSH-10BS-K7P

【解放式】サンポット業務用石油ストーブ

室内・野外でつかえる大型業務用ストーブ。パイプ・工事不要なので買ってすぐにつかえます。

コンパクト設計、高地使用可能(2000Mまで)のため、山や高原でもつかえます。
天板があつくならないタイプがあるのが嬉しい♪


<天板が熱くならないタイプ> KLR-1930 Q 木造 48畳まで
KLR-1230 Q 木造 31畳まで

<天板が熱いタイプ> KLR-1930N Q 木造 48畳まで
KLR-1230N Q 木造 31畳まで

サンポット(SUNPOT)について

サンポット株式会社 https://www.sunpot.co.jp/
所 在 地 :〒025-0301 岩手県花巻市北湯口第2地割1番地26
TEL(0198) 37-1115  FAX(0198)37-1131
設  立 :昭和40年4月1日
資 本 金: 9億6220万円
従業員: 296名 (平成29年3月末)
サンポット株式会社は、株式会社長府製作所のグループ会社です。

<社名の由来> 昭和40年に、もともとは石油およびガス燃焼器具などの会社としてうまれました。当初はガスター販売株式会社というネーミングでした。その後つぎつぎと工場を拡大。4年後に株式会社サンポットと名前を変更に。

平成12年12月に株式をジャスダック市場に上場(証券コード:3428)していましたが、平静19年に情報廃止。

お客様相談窓口


お客様相談窓口 TEL 0198-37-1177 受付時間 平日9:00~17:00
製品の修理のご依頼については、お近くの営業所へご依頼ください。

サンポット 業務用石油ストーブの最安値はこちら!

矢印赤色 サンポット石油ストーブの最安値をみる